オフィスえいむ人財労務サポートとは

絆を強める人事労務

こんにちは。IT業界専門の人事コンサルタントの小林裕幸と申します。
IT企業といえば、過重労働やストレスが多く、メンタル不調者が多いというイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?
また、正規雇用の従業員だけではなく、派遣社員や請負による契約で働く人などが混在していることもIT企業の特徴です。
このような職場環境ではプロジェクトを取りまとめるリーダーにかかる負荷が重く、おのずと心理的負担も重くなります。

IT業界で使われているパソコン
団結するIT企業の社員

従業員は、会社のためにいるのではありません。経営者の欲求を満たすために、社員の健康や生活を犠牲にしているようでは、優秀な人材は定着せず、結局、会社の成長にもつながりません。
また、社員の自己満足のために会社があるのでもありません。労働基準法には、様々な労働者の権利が定められていますが、一方で、義務もあるのです。業績に貢献できてこそ、豊かな生活を送ることも可能となるのです。
相互に信頼する関係を構築し、絆が強まれば、企業は発展し、個人の成長の機会も生まれます。

IT企業で打ち合わせする小林

そのために私がおこなっていること
・経営者が自慢できるような組織づくり
・気づきを与え、組織を活性化させる研修
・キャリア・コンサルティング
・障害年金請求サポート

特定社会保険労務士 小林裕幸

大学卒業後、某IT企業に就職するが3年で倒産。転職したIT企業では、営業、顧客サービス、品質管理といった部署を渡り歩く。
次第に責任のある仕事も任されるようになるが、深夜までの残業、休日出勤が常態化し、今でいうパワハラも見聞き。
ある日、血圧を測ったところ、数値が200を超えていた。悩んだ末に、20年勤めたIT業界を去る決意をする。
その後、社会保険労務士事務所開業。 仕事に対するやりがいを感じながら日々を過ごす。
しかし、セクハラやパワハラについて学び、理解が進むにつれて、サラリーマン時代の自らの言動がパワハラになると気づき愕然とする。
被害者であると同時に加害者でもあったことで自己嫌悪に陥り、この話題にふれると自分が責められているような気分を味わうようになる。
自分のように後悔する管理者や被害者を増やさないことを使命と考えるようになる。労働者側からのパワハラやいじめ、精神疾患が原因で休職している障害者やその家族から障害年金請求に関する相談も受けている。

IT会社ビル前を歩く小林

事務所概要 アクセス

事務所名 オフィスえいむ人財労務サポート
所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-2-5 TH西新宿ビル6階
TEL 03-5944-9195(電話回線工事のため、2019年6月12日まで、固定電話がつながりません。お問い合わせはメールにてお願いします。)
E-mail h-kobayashi@aim-roumu.net
HP https://aim-roumu.net/
設立 2007年9月
代表者 特定社会保険労務士
小林 裕幸 (こばやし ひろゆき)
事業内容
  • 職場環境改善コンサルティング
  • キャリアコンサルティング
  • 就業規則作成・見直し
  • 人事評価制度構築
  • 各種教育研修
  • 労働者派遣事業許可申請
  • ストレスチェック制度の導入支援
  • 労働保険・社会保険手続き
保有資格
  • 特定社会保険労務士(登録番号:13070331)
  • キャリアコンサルタント(登録番号:18005523)
  • メンタルヘルスマネジメント検定 第1種マスターコース合格
  • 第1種衛生管理者免許
  • 1級DCプランナー
  • 年金アドバイザー2級